マニュアル作成・開発 Dojo

革新的マニュアル作成、eラーニングコンテンツ作成ツールDojoは、ソフトウェアスキル向上のための最先端トレーニングツールです。

ページ内移動リンク


TEPSS Dojo

HOME > News&Topics一覧 > ニュースリリース



ニュースリリース

革新的マニュアル&シミュレーションコンテンツ作成ツール「Dojo」発売開始。
ノウハウ継承型のコンテンツの自動生成やソフトウェアシュミレーションを簡単に実現!

掲載日:2008/04/01

EPSS(電子業務遂行支援システム)のリーディング企業、株式会社テンダ(本社:東京都豊島区、社長:小林 謙)は、マニュアルおよびシミュレーションコンテンツ作成ツールである「Dojo」の発売を発表しました。
Dojoは、世界最先端のソフトスキルのトレーニングソフトで、すでに国内で1000本を超える販売実績を持つ「SoftSimulator」の後継として開発されました。Webによるオンライントレーニングを極めて簡単に自社で制作できます。Dojoで制作された教材コンテンツは、Web上でのソフトウェアのデモ、操作体験、理解度テストを「画面の動き」、「吹き出しコメント」、「音声ガイダンス」などの多彩でパワフルな機能で再現するため、高度なテストやトラッキング機能を備えたソフトスキルやシナリオベースのシミュレーション、各種業務タスクのインストラクションとビジネスに幅広く活用できます。

従来のシステム導入では、開発を優先するためマニュアルの作成やユーザへのトレーニングを短期間で終了させざるを得ませんでした。しかし、近年、ERP導入企業を中心として「システム投資のROI向上のためにはトレーニングが不可欠である」という考え方が浸透しつつあり、各企業で、「全社をあげて“システムを使いこなす”」ことに注力され始めています。当システムは、これらの課題解決を目指し開発され、誰もが魅力的なシミュレーションやデモを作成でき、ノウハウ継承のコンテンツを自動生成する特長から、“教育”、“鍛練”、“継承”を行うプラットフォームを提供するシステムとして「Dojo」と名付けられました。

【特長】
Dojoの特長は以下の通りです。

1.簡単マニュアル作成
マニュアルを作成したいシステムを操作するだけで、自動的にマニュアルを作成してくれるので、これまで手間と時間がかかっていたマニュアル作成や業務手順書の工数を飛躍的に削減できます。

2.簡単操作教育
インターネットに接続可能、またはCD-ROMドライブ付きのパソコンであれば、「いつでも」、「誰でも」、「何度でも」作成したデモコンテンツを閲覧可能なため、これまで集合研修形式で行っていた操作教育の、時間、場所の確保、研修後フォローなどの必要が無くなり、教育担当者の負担が劇的に削減されます。更に、デモコンテンツと同時に作成される“シミュレーションコンテンツ”は、復習用教材への活用に最適です。

3.ヘルプデスクのサービス向上
問い合わせを受けた対象システムを起動すると同時にDojoを起動しておくことで、ユーザの問い合わせ内容に即したマニュアルが自動的に作成されます。生成されたマニュアルを、後にユーザにメールなどで送ることで、ヘルプデスクの評価向上や問い合わせ件数の削減につながります。

4.オンラインオートデモ
Dojoで作成したデモコンテンツは、オンラインコンテンツとしての利用が可能なため、コストや工数をかけることなく、自社HP上で製品のオートデモが実現可能です。これにより、エンドユーザに対する新製品の興味や認知度向上と同時に、全社員への新製品情報の迅速な周知が期待されます。

5.eラーニング進捗管理システムとの連携
テンダの主力製品であるeラーニング進捗管理ツール「ScoreBook」との完全互換性を持ち、作成された学習教材をWebから簡単に進捗管理できます。新会社法・日本版SOX法への対応力・企業統治力の強化は、Dojoのコンテンツを用い、周知徹底を実現するための“手段”である、ScoreBookでこそ実現可能です。

推奨動作環境についてはこちら 価格についてはこちら 株式会社テンダについてはこちら      
ページの上へ