マニュアル作成・開発 Dojo

革新的マニュアル作成、eラーニングコンテンツ作成ツールDojoは、ソフトウェアスキル向上のための最先端トレーニングツールです。

ページ内移動リンク


TEPSS Dojo

HOME > News&Topics一覧 > ニュースリリース



ニュースリリース

テンダ、eラーニングコンテンツ作成ツール “Dojo(道場)”で、金融ITセミナー「地域金融機関の収益力強化に向けたIT戦略とは」を講演!

掲載日:2009/02/24

株式会社テンダ(本社 東京都豊島区 代表取締役社長 小林 謙)は、2009年2月19日に開催された、日本金融通信社(ニッキン)主催の「地域金融機関の収益力強化に向けたIT戦略とは」をテーマにした金融ITセミナーにて講演を行いました。

テンダ講演では、「金融機関における教育環境の構築と強化〜城北信用金庫様導入事例のご紹介」と題して、IT投資に対して重要となる人材教育について、金融機関における4つの問題点である、
(1)サービス企画のスピードに現場の教育が追い付かない、
(2)専用端末など特殊機器が多くマニュアル化が難しい、
(3)教育機会が少なく浸透に時間がかかる、
(4)集合研修と紙の資料だけでは教育効果が低い 
という点に着目し、これらを解決することにより、IT投資の効果を最大限に発揮し、短期間で効果的な人材教育を実現出来るソリューション、Dojo(道場)( http://www.tepss.com/dojo/ )をご紹介しました。

Dojoはマニュアルにしたいシステム・ソフトウェアを操作するだけで、自動的にマニュアルを作成するため、マニュアルの作成工数が飛躍的に削減でき、また、作成したマニュアルをシミュレーション教材(eラーニングコンテンツ)としても利用可能であり、ラーニングマネジメントシステムのScoreBook(スコアブック)と連携することで、知識の定着率と習得度を効率的に高めることができます。
今セミナーでは、事例として、新業務システム移行に伴う生産性の低下を最小化し、新システムの貢献までの時間を短縮することで、ROI早期向上・運用コストの50%削減の実現をご紹介しました。

製品展示ブースでも、多くのお客様がお立ち寄くださり、実際にDojoでマニュアル・コンテンツを作成し、すでに全国で1,300社以上の導入実績を誇るDojoと、ScoreBookとの連携によるパフォーマンスの高さを体感して頂きました。

おかげさまで、大盛況のうちに幕を閉じることができ、ご来場いただいた方々には深く御礼申し上げます。今後も、皆様の身近なビジネスツールとして躍進してまいる所存でございます。

【セミナー概要】
○日時:2009年2月19日(木) 10:00〜16:30
○場所:広島市中区大手町1-5-3 鯉城会館
○主催:日本金融通信社(ニッキン)
○共催:金融ジャーナル社、CMC
○協賛:スカイコム、KDDI、テンダ、ヤマトシステム開発、ダウ・ジョーンズ・ジャパン(順不同)
○テーマ:金融ITセミナー「地域金融機関の収益力強化に向けたIT戦略とは」
○プログラム等詳細URL:http://www.nikkin.co.jp/FIT_forum/600hiroshima/

写真付きのニュースリリースはこちら          
ページの上へ