ページ内移動リンク


TEPSS Dojo

HOME > 利用者教育成功の秘訣



利用者教育ツールとしての導入事例

「秘訣1」システム稼動前からシステムに親しませる

"新システム"の情報がエンドユーザーに届くまでに時間が掛かりすぎていませんか?導入検討者や開発者に比較して、エンドユーザーの数は絶対的多数を占めます。エンドユーザーが"新システム"を使いこなせなければ、新システム導入は無駄に終わると言っても過言ではございません。しかし、・エンドユーザー全員にシステム導入過程でデモを見せることはできますか?・特別な設備を用意することなく、実際の操作に近い"擬似操作"を体験させることはできますか?早い段階から"新システム"に触れることによって変化への抵抗感を低減させることができます。

「秘訣2」集合研修の予習/復習を充実させる

教室型集合教育だけでは限界がございます。また、集合するための時間や場所の確保にはコストがかかります。しかし"集合教育は非常に重要なイベントです"。その重要なイベントを成功させるためにも予習/復習用の教材を準備し、エンドユーザーの参加意識を高めることと、"いつでも""どこでも""何度でも"必要な時に学習できる環境をエンドユーザーのために用意することができれば、新システムのサービスインと同時にフル活用できる可能性が高まります。

ページの上へ