ページ内移動リンク


TEPSS Dojo



eラーニング用語集

e-ラーニングで用いられる、Dojoに関係する用語を集めてみました。
  • A-G
  • H-Z
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た-な行
  • は行
  • ま-や-ら行

た行

同期型学習/非同期型学習

同期型学習とはインターネットテレビ会議等のリアルタイム双方向システムを用いる学習を指します。非同期型学習とは自分のペースで学習でき、その進捗がネットワークを通じた学習管理システム(LMS)で自動的に把握することができるものを指します。 同期型学習は、衛星通信を利用した多地点を結んだ学習の発展形と言えるもので、最近のインターネットを用いたシステムでは出席者の顔を動画で配信したり、アプリケーション双方向で共有するなどのコラボレーション機能を備えたものもあり、集合研修と同様のリアルタイム性とインタラクティブ性の高いe ラーニングを実現できるようになっています。
非同期型学習では、学習者は自分に合ったペースで学習でき、学習管理者は学習進捗度等の情報をほぼリアルタイムに把握できることが特徴です。多くのe ラーニングベンダーが非同期型学習を実現するLMSと、ITスキルや資格取得系から、財務やマーケティング、リーダーシップといった経営管理系まで多様な汎用コンテンツ(パッケージコンテンツ)を提供していることから、単にeラーニングと言ったときは非同期型学習を指すこともあります。 非同期型学習では、自分のペースで学習できる反面、意欲の低い学習者の学習を持続させることが難しく、同期型学習は、集合研修と同様に多くの学習者に同時に半強制的に学習を提供できますが、システムの機能に制約を受けるという短所があります。2つの学習方式の特徴を理解し、学習の目的によって使い分けを図ることが必要です。

な行

ナレッジマネジメント(Knowledge Management)

ナレッジ・マネジメント(Knowledge Management(KM))とは、単に「知識管理」のことではなく、企業のようなコミュニティにおいて、社員個人の持っている知識を組織で共有化して、企業組織全体での創造性を向上させるための経営手法です。社員個人の知識には限界がありますが、それらを集めると大きな力になります。このような組織の創造性を向上させるには、個人個人で持っている知識の共有化を図ることが必要です。
この組織の創造性や知識の共有化を、個人の自発的な行動にだけ頼っていたのでは限界があります。企業全体として知識の共有化を推進する運動、組織的に知識を収集しておき必要に応じて容易に取り出せるように整理する体制やツールの導入などが必要になります。これらを総合的に進めるのがナレッジ・マネジメントです。 ナレッジ・マネジメントをサポートするツールとしては、文書管理、掲示板などのコミュニティ活動を支援する機能やグループウェアが用いられます。しかし、グループウェアを導入しただけでは効果のあるナレッジマネジメントが実現できない場合がほとんどです。ナレッジマネジメントの実現のためには、知識の共有化、組織の創造性が重要だということを全社的に認識させる必要があります。さらに、知識の共有化を推進するためには知識を提供する人を評価するようなしくみ作りも重要となります。
また、eラ−ニングの導入によって、社員が業務知識を自由に学べる学習環境を整えることもナレッジマネジメントの推進には効果的と考えられます。
このように、ナレッジマネジメントの実現には、多くの場合、組織文化の改革が必要です。組織文化を改革するには全社的な取り組みが必要ですから、強力なリーダーシップを持った経営層がこれ推進し、これをサポートする組織体制も必要となります。

ページの上へ