子育てと仕事… どうすれば両立できる?

子育ては女性だけでなく男性社会人にとっても大きなテーマです。仕事と両立させるためには業務を見直し、効率化できるポイントを探りましょう。ここでは、子育てに励む社会人と業務効率化の関係について解説します。

子育てと仕事を両立するには効率化が重要

子育てを支援する制度として多くの企業では育児休暇などが設けられていますが、社員が長期的に職場を離脱してしまうと復帰が困難になるケースは珍しくありません。また、育児休暇には上限があるために、社員の子育てと仕事を両立させるためには業務の見直しが避けられないでしょう。子育てがどうして仕事の負担になるのかというと、「多くの時間を子育てにさかれる」からです。特に幼児期の子供はどんなハプニングを起こすか予想できません。とはいえ、社員になるべく業務を早く終わらせ、育児にかける時間を確保してもらうのは今までどおりの意識だと至難の業です。業務効率化によって仕事を定時に完了させ、すみやかに社員が帰宅できる環境づくりに挑むのが必須です。また、子供を託児所などの施設に預けている人は仕事が長引くと、経済的にも肉体的にも迎えに行くストレスがたまっていきます。仕事にイレギュラーな業務はつきものですが、できる限り不測の事態をなくして計画的に仕事を終わらせるためにも効率化は大切なのです。

仕事の効率を改善する方法

業務効率化にはいくつかのポイントがあります。たとえば、「業務の優先順位の確定」です。仕事がすぐに終わらない人は、優先順位の高い仕事を後回しにしている傾向があります。納期が迫っている案件、他の部署に早くまわさなければいけない案件に優先的に取り組むようにすれば、優先順位の低い案件を翌日にまわして定時で帰らせることも可能になるのです。チーム内のコミュニケーションも業務効率化に役立ちます。日常的に同僚と交流があれば、仕事を頼んだり手伝ってもらったりしやすくなります。また、子育ての事情をふまえて配置換えをするなど、子供のいる社員にとって働きやすい労働環境を整えていけるでしょう。また、マニュアルの不徹底も業務効率化を阻む原因です。マニュアルのない業務では、作業者が「一から自分の頭で考えて行う」必要性が生じます。マニュアルさえあれば簡単に行えるはずのソフトウェアの操作にも時間がかかり、余計な残業が増えていきます。充実したマニュアルは業務効率化に欠かせない要素です。そして、マニュアルがない業務については、新たにマニュアルを現場で作り出す意識も大切です。

少しずつでも改善していくことが大切

業務効率化はすぐに行えるものではありません。業務が滞る原因をリストアップし、対策をブラッシュアップしていくには時間がかかります。しかし、社内全体が強い意識を共有して取り組めば、業務効率化は実現します。業務効率化は子供がいる社員に限った問題ではありません。多くの社員が将来的に子供を持つ可能性はありますし、子育て以外にも「残業代の節約」「社員のストレスの軽減」など、業務効率化によって生まれる影響は少なくないのです。今まで以上に業務をスムーズに遂行するためにはソフトウェアも適切に利用しましょう。たとえば、マニュアル作成ソフトは簡単な操作性で、ユーザーを選ばず業務マニュアルを完成できるメリットがあります。業務マニュアルは作成に膨大な時間がかかることから、必要性を認められつつも先送りにされがちでした。ソフトを使えば一からマニュアルを作るよりはるかに短い時間で作業は終わります。また、業務マニュアルが増えればそれだけ現場の負担も減り、仕事はスムーズに行えます。

子育てと仕事の両立など社員の新しいニーズに応えるため、会社は労働環境の見直しが重要です。特に業務効率化は社員の負担を軽くさせるうえで欠かせないプロセスといえます。業務を効率化させるツールのひとつとして、マニュアル作成、更新や活用がとても簡単に行えるソフト『Dojo(ドージョー)』をおすすめします。

Dojoの使いやすさ、
自動作成の便利さを
是非、お試しください!

お問い合わせ

0120-114-392

0120-114-392

受付時間
平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
上に戻る