AIの導入で変わる?働き方改革の実情とメリット

ビジネスの最前線ではAIによる働き方改革が非常に注目されています。しかし実際にAIをビジネスに導入することでどのようなことができるのかはあまり知られていません。そこで、AIを導入することで具体的に何ができ、どのようなメリットがあるのかを紹介します。

働き方を変えるAIにはどんなものがある?

AI(人工知能)とはそもそも何なのでしょうか。言葉自体はメディアでも盛んに紹介されているため有名ですが、実は明確な定義は存在しません。「人工知能」という言葉のイメージから、自分の頭で考えるロボットのようなものを想像する人も少なくないのですが、ビジネスにおけるAIは「高度な計算機」程度の意味合いで使われることも多いです。そのため、日常的な生活のいたるところで既にAIは活用されています。特に利用者数の多いものとしては、スマートフォンなどで使用するニュースアプリが挙げられます。ニュースアプリの中には自動的にユーザーの興味に適したニュースを配信する機能を備えたものがあります。これはアプリユーザーが普段接している情報からユーザーが興味を持っていると思われる事柄を抽出し、それに適したものをネット上の膨大な情報から自動的に検索することで可能となっており、これを実現するためにはAIが不可欠です。ニュースアプリのような機能はビジネスツールにも幅広く活用されています。代表的なものにCRM(顧客管理)があります。顧客情報や営業活動の記録などを入力しておくことで、いつ誰にどのような営業活動を展開すべきであるのかをAIが導き出してくれるというものです。AIがない場合は手探りで顧客と接しなければなりませんが、AIがあることで根拠の伴った活動をすることが可能になります。

AIを導入するメリット

AIを導入することで得られるメリットは限りなくあるため一概にはいえませんが、代表的なものとして3つ挙げることができます。1つ目は時間短縮です。従業員がいつどのような作業をしているのかをグラフなどの形で可視化することができるため、マネジメントが行いやすくなります。またマーケティングに活用すると、どのような顧客がどのような商品を購入しているかといった情報を即座に計算することも可能です。2つ目は人件費の削減です。AIは事務作業や計算といった決まりきった作業において特に力を発揮します。そのため経理やマーケティングに必要な計算などの仕事は、人ではなくAIで行えてしまいます。AIの導入には多少の費用が必要であるものの、長期的に見れば人を雇うよりもはるかにコストは安くなります。3つ目は人的エラーの削減です。人が仕事をする以上、必ず失敗は起きてしまいます。しかしAIは人間がしてしまうような簡単なミスは起こしません。入力さえ正しくすれば、AIは確実に正確な値を出力します。この点においても事務作業や計算といった作業に強みがあります。

働き方改革ならAI導入を検討しよう

AIは従業員や顧客の管理、マーケティングなどさまざまな分野で活用することが可能です。またその中でも特に注目されているのが社員教育です。従来の社員教育では、社員一人ひとりの個性に関係なく、全員に同じ教育を施すことしかできませんでした。しかしAIを活用することで、社員一人ひとりの個性を把握し、強みをより伸ばして弱みを補うような教育が可能です。AIは人間には思いつかないようなアイデアを提案することができます。今まで最適だと思っていたことが実は誤りである可能性もあり、AIはその点を指摘してくれるのです。特に社員教育は業績と密接な関係にあるため、見直しには大きな意義があります。社員教育にAIを導入し、社員の能力から働き方に変革を加えてみましょう。

社員教育に関するサービスは数多くありますが、その中でも特にオススメなのがDojo(ドージョー)です。Dojoには自動キャプチャ機能が搭載されているため、自社に最適な教育プログラムを作成することができます。さらに経費削減も期待でき、Dojoを実際に導入した企業の中には年間1800万円の研修コスト削減に成功した例もあるほどです。Dojoを使って課題を解決し、働き方改革を進めましょう。

Dojoの使いやすさ、
自動作成の便利さを
是非、お試しください!

お問い合わせ

0120-114-392

0120-114-392

受付時間
平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
上に戻る