システムマニュアル作成時に気をつけたいポイントをご紹介

IT化が進み、多種多様なITシステムが業務を行う上で必要不可欠になりました。従業員も、業務の遂行のほかに、それらシステムの使い方を把握しなければならなくなります。

そんなときに活用されるのがシステムマニュアル(操作マニュアル)。このシステムマニュアルが読みやすいのとそうでないのとでは、業務の遂行のしやすさに大きな差が生まれるものです。

ここでは使いやすいシステムマニュアルにするための、作成時に気を付けたいポイントをいくつかご紹介します。
続きを読む

統一デザインで見やすく!「マニュアルテンプレート」の作り方

マニュアルの作成は、まず、テンプレートを作成してそれをベースに進めることをおすすめします。

一度きちんとしたテンプレートを作成しておけば、今後の内容追加や改定の際もそのテンプレートを使用することでスムーズに作業を進めることが可能です。また、今後ほかのマニュアルを作成するときにも、そのテンプレートを流用することができるため、作成工数の軽減にもつながります。

また、会社として統一されたデザインやレイアウトのルールがあることで、マニュアルを利用する人も見やすく、使いやすく感じるはずです。

マニュアルのレイアウトやデザインの仕様が決まったら、都度反映して各ページを作成するよりテンプレートファイルを作成しておくと便利です。ここでは、多くの企業で文書作成に使用されているワード(Microsoft® Word)でのテンプレート作成方法についてご説明します。
続きを読む

新入社員もわかりやすい! 業務を覚えるための仕事のマニュアルの作り方

新入社員や移動したばかりの社員には、上司や同僚が1から仕事を教えていく必要があります。しかし、口頭だけではなかなか説明が難しいこともあり、上司や同僚の主観が混じってしまうと本来教えるべき内容と逸れてしまうこともあるでしょう。

そこで役に立つのが、仕事のマニュアル化です。一目見るだけですぐに業務ができるようになるマニュアルを作成することで、教えてもらう側と教える側の双方の業務がスピーディーになります。そこで今回は、わかりやすい仕事のマニュアルの作り方のポイントを解説していきます。

続きを読む

手腕が問われる「わかりやすい」マニュアルの作り方とは?

仕事や業務のマニュアルを読むのは、大抵の場合が新入社員やスキル不足の社員です。小難しく理解するのに時間がかかるようなマニュアルでは、役に立つとはいえません。本当に困っている人を助けるためには、わかりやすいマニュアルを作ることが大切です。
そこで今回は、わかりやすいマニュアルの作り方をご紹介いたします。

続きを読む

わかりやすいマニュアルを作るための【6つの共通点】

世の中には、読解するのが困難なマニュアルもあれば、わかりやすくスラスラと読み進められるマニュアルもあります。せっかくマニュアルを作成するのであれば、誰が読んでもすぐに理解できるわかりやすいものを作りたいですよね。読み手に優しいわかりやすいマニュアルには、どのような特徴があるのでしょうか。
今回は、わかりやすいマニュアルに見られる共通点を6つピックアップしてご紹介いたします。

続きを読む

動画マニュアルの時代! 動画マニュアルのメリットと作成方法

業務マニュアルというと、「文書ファイルを紙に印刷したもの」をイメージすることが多いと思いますが、近年では、スマホやタブレットを媒体に動画で業務の流れを説明する「動画マニュアル」というものが増えています。動画で業務を説明できるので、文字や静止画像よりも分かりやすいマニュアルにすることが可能です。
ここでは、近年増えている動画マニュアルについてご紹介します。

続きを読む

マニュアルを作る前におさえておきたい、マニュアルの書き方

業務の円滑化を図るには、業務マニュアルを作成し、業務を標準化することがポイントになります。しかし一般的に文章だけで説明することが多くなるマニュアルは、ちょっとした言葉遣いや助動詞の使い方で意味が伝わりにくくなりがちです。せっかくマニュアルを作っても、読みづらく分かりにくいものになってしまってはマニュアル作成の意味がありません。書き方のポイントを押さえて、分かりやすいマニュアルを作りましょう。
マニュアル作成時の、書き方のポイントをご紹介します。

続きを読む

会社の次期戦力!後輩への指導は信頼関係から

会社の後輩である社員、新入社員にはどんな指導をすべきか、指導する者として試行錯誤することが求められることが多いでしょう。とくに中堅社員に回ってきやすい役目で、自分のタスクとの両立が求められます。教育者として立つ先輩社員が注意しておきたいポイント、心構え、実践的な取り組みや方法まで紹介します。

続きを読む

上に戻る