引き継ぎもしっかりと! 退職までの流れ

退職が近づけば、いろいろと準備をしなくてはいけないことが多くなります。その中でも、自分の業務について後任者に内容を伝える、引き継ぎは非常に重要です。引き継ぎがうまく行われなければ、後任者が困ってしまいます。
ここでは退職が決まってから退職をするまでの流れと、引き継ぎ時のポイントなどについてご紹介します。自分が去った後も業務が滞りなく遂行されるよう、しっかり準備しておくようにしましょう。

続きを読む

ココがポイント!引き継ぎ用業務マニュアルの作り方

仕事の引き継ぎに欠かせないのが業務マニュアルです。業務に必要な内容をまとめればいいだけだから簡単に作れると思われがちな業務マニュアルですが、必要なことをきちんと伝えられるように作成するのは簡単ではありません。今回は、新任者が使いやすい引き継ぎ用業務マニュアルの作り方について紹介します。

続きを読む

簡潔・見やすい!プレゼンテーション作成のポイント11選

プレゼンテーションで使用する資料の作成方法に悩む方は多いのではないでしょうか。本来プレゼンテーションの目的は、自身の主張を聞き手に受け入れてもらう事です。その目的が達成されるのであれば資料は不要、と言いたいところですが口述のみで納得のいくプレゼンを行う事は大変難しいため、通常は資料と共に行う事になります。
口頭と紙面や画面の説明をうまく掛け合わせて訴求内容を発表するわけですが、どのように作成すれば聞き手に訴求しやすい資料を作る事ができるのでしょうか。

続きを読む

業務改善の目的を決めよう。成功する意識改革とは

人手不足やコスト削減、生産性向上の観点から企業活動において「業務改革」が大きな課題となっています。業務改善の方法を簡単に説明すると、業務プロセスを見直することによって、仕事におけるムダな部分を排除するケース。従来は手作業で行っていた業務をIT化し、情報システムによって効率化に生産してコスト削減をしていくことが多いでしょう。
しかし、これらの業務改善の実施にあたっては、目的を明確にしなければ結果が伴いません。それぞれの企業や部門・部署の業務内容を考慮し、問題点や課題点を明確にし、社員に自分事して落とし込んでいかなければ成功は難しいでしょう。
今回は、改善する目的の軸づくりに必要な社内の取り組み方を紹介します。

続きを読む

業務改善のアイデアとは?発想サイクル作りと具体案の紹介

業務を効率的に進められず、どうすれば業務を改善できるかと悩んでいる人は多いでしょう。しかし、その気付きこそアイデアにつながる重要なポイント。小さな疑問からアイデアにつなげるコツと、業務の無駄をなくし生産性向上や効率化につながる具体的な改善策を紹介していきます。

続きを読む

業務プロセスの改善のカギはフローの「可視化」から

「働き方改革」の波が急速に押し寄せている今日この頃。通常国会が「働き方改革国会」として位置付けられるなど、労働環境については非常に注目を集めています。
特に“長時間労働”に関しては問題視される声も多く、残業体質脱却を目指す企業も多いでしょう。
とはいえ、「いきなり業務効を効率化するとなってもどうしたら良いか……」と悩むことも多いでしょう。そんな場合は、まず「業務プロセスの見直し」から始めることをお勧めします。

続きを読む

【無駄を排除】コストダウンの手法とは

製造業やサービス業など、さまざまな業種で課題となるコストの問題。コストダウンの基本は少ない工数で効果を上げるために、「減らす」「やめる」「変える」を実行することです。いかに無駄な作業を減らして効率化するかが大切で、作業のやり方自体を見直すことで大幅な工数削減につながるケースもあります。
企業によって削減できるポイントや生かしたい特徴は異なるため、いかに合理的に考え営業や管理部門、現場と連携をとるかも大切になってきます。

続きを読む

その会議、本当に必要?改善ポイントまとめについて

会議とはひとつの議題やテーマについて、参加者が意見を出し合い、相談のうえで解決策を見出すことを言います。
しかしながら、議題について話し合っているものの、全く違う方向性の議論に発展し結論が出ないまま次回へ持ち越しとなったり、参加者全員が会議の議論に参加できていなかったりと、無駄な会議となってしまうこともあるでしょう。
本来定めておいた会議から逸れずに、有意義なものにしていくためにはどのような対策をすればよいでしょうか。自社の会議になんらかの課題・疑問を抱えている方々に、会議の改善策を紹介したいと思います。

続きを読む

上に戻る