D-Analyzerの機能紹介

D-Analyzerは、必要な機能をシンプルに提供しているので、現場でもすぐに使えます。

徹底したシンプルさと直感的な使いやすさをぜひ体験してください。

パソコンの操作ログを自動で収集

アプリケーションごとの操作ログを全て自動で取得する機能

操作ログの自動取得

各業態や業種、そして企業によって、さまざまなアプリケーションが使用されています。RPAは操作に規則性があれば、原則どんなアプリケーションの動きでも業務自動化が可能になります。D-Analyzerも同様に、アプリケーション問わずすべての操作ログを自動で取得することが可能です。

たとえ些細な作業や、属人化した業務であっても、まずはそのすべてを取得し、網羅的に洗い出し、どの業務が自動化に適したものであるかを判断することが大切です。

操作ログを集計してレポート化

業務内容・アプリケーションごとにグラフやレポート化

ログ集計・分析レポート

操作ログを取得したのち、各業務ごとにグラフ化することでどのような業務でどのようなアプリケーションを使用し、どのくらい時間を割いているかをレポートとして表示します。また、各作業ごとのブラウザ上での反映時間なども漏れなく記録します。​

記載内容としては、業務内容(ツールでは『作業ラベル』と呼ばれます)、アプリケーション名、ヒット数、作業時間、反映している時間の割合に分け、反映させることが可能です。

D-Analyzerの大きな特長でもある、「どんなユーザーでも使いやすく、直観的にわかりやすい、シンプルな構造」でグラフィカルに業務の可視化を行います。​

業務プロセスの可視化(フローチャート)

フローチャート形式でグラフィカルに業務を可視化

業務可視化

RPAのコンサルタントが介入した場合においても、この作業フローの明確化が難題とされています。それは誰が作業するかで手法が異なるような俗人化したものや、一本のルートで完結しないものが多くあるためです。D-Analyzerはすべてのリアルな作業内容を網羅的に記録するので、現状の課題を含め、ありのままの業務フローを各ケースごとに見える化します。フローチャートによる正確な可視化は、RPAの導入を速やかにかつ確実に行うための鍵になります。​

さらにRPA導入前後の投資対効果の検証のみならず、無駄な作業時間や作業フローを踏んでいないかの確認にも繋がり、​業務可視化ツールとして業務の自動化に関わらず効果を発揮します。

D-Analyzerお問い合わせ