D-Analyzerの活用シーン

D-AnalyzerはRPAの導入前後でよくある課題を解決し、RPAの導入を加速します。

RPA導入前においては、RPA化すべき業務の洗い出し、可視化が低コストかつ、自社で判断が可能になります。

RPA導入後においては、適切な業務のロボット化が出来ているのか、またRPA化すると効果が高そうな業務を把握でき、RPA導入前後の効果測定にもつながります。

RPA導入前 活用シーン

RPAはとても便利なツールと思われがちですが、導入するだけですべての業務が自動化できるわけではありません。RPA化すべき業務とすべきでない業務があり、基本的には「単調かつ反復を繰り返し行うもの」が対象となります。導入にあたってはまず「業務の洗い出し」を如何に負担をかけずに確実に行うかが鍵になります。


課題

  • ・RPA化できる適切な業務の判断ができない
  • ・RPA化する業務を洗い出す方法が分からない
  • ・RPAコンサルティング会社に見積りを行ったが高額
  • ROIを示しにくく、導入に尻込みしてしまう


解決

    D-Analyzer Client

    全従業員の操作ログを取得

    D-Analyzer Server

    全業務の自動解析・抽出・フロー化

    D-Analyzer管理者

    業務フローが可視化されRPA対象業務を短時間・低コストで判断

RPA導入前解決イメージ

RPA導入後 活用シーン

D-AnalyzerはRPA導入後も効果を発揮します。RPAは導入して終わりではなく、実際にヒューマンリソースで行ってきた業務がどれだけ削減できたのか、効果検証が必須です。人的に行うと不明確になりやすい効果測定も、D-Analyzerならビフォ―アフターを明確に可視化でき、投資対効果の算出が可能です。


課題

  • ・現場へのヒアリング、RPAの検証、導入に長時間要してしまった
  • ・長時間要したが、適切な業務のRPA化ができているのか不明
  • 導入後の効果測定ができず、経営層に説明できない


解決

D-Analyzer Client

RPA向きの業務パターン・フローの可視化

D-Analyzer Server

導入前後の分析、解析、集計結果を効果測定

D-Analyzer管理者

導入前後の変化が可視化されROIを算出、効果を定量的に説明

RPA導入後解決イメージ

各種お問い合わせはこちらから
お電話でのお問い合わせも承っております。

0120-114-392

受付時間:平日9:00~18:00

フォームからのお問い合わせ

D-Analyzerお問い合わせ